社長挨拶
  社訓・経営理念
  事業概要
  組織図
  営業・直売・生産拠点MAP 
  コンプライアンス
  環境への取組
  社史
 

 

   
1918年(大正7年) 瀧澤貞助が、現在のレッケルバルト栃木本店所在地で食肉販売業を創業
1929年(昭和 4年 8月) 創業者瀧澤貞助死去につき、元会長瀧澤武が事業を継承
1948年(昭和23年10月) 栃木県栃木市祝町377番地に食肉加工製造工場を新設
1950年(昭和25年12月) 「株式会社滝沢武商店」を設立。全面的に個人企業を継承
 
1964年(昭和39年12月) 宮城県仙台市に「仙台工場」を新設
1966年(昭和41年 3月) 商号を「滝沢ハム株式会社」に変更
 
1972年(昭和47年 2月) 栃木県栃木市泉川町に「泉川工場」を新設
 
1976年(昭和51年10月) オランダで開催された国際食肉ハムオリンピック(第21回スラバクト)に日本で初めて4品を出品し、金メダルを2個(ボンレスハムとジプシーサラミ)と銀メダルを2個(生ハムとビーフパイ)と受賞し、世界の評価を受ける
1982年(昭和57年12月) 仙台工場隣接地に「仙台ミートセンター」を新設、操業開始
1983年(昭和58年 5月) 栃木県栃木市泉川町に手造り工場「チェリースモークハウス」を新設、本格手造りハム、ソーセージの生産を開始
1985年(昭和60年10月) 栃木県栃木市泉川町に、牛カット肉生産として衛生と温度管理を重視した近代的な工場、「泉川ミートセンター」を竣工、操業を開始する
 
1986年(昭和61年 4月) 栃木県宇都宮市大谷町の大谷石採掘跡に「大谷天然熟成プラント」を新設し、本格的なイタリア式生ハムの生産を開始
1987年(昭和62年 7月) 「研究開発室」を新設
1987年(昭和62年 7月) 栃木県栃木市祝町に、牛・豚スライス肉の生産拠点として、「栃木パックセンター」を新設
1990年(平成 2年11月) 社団法人日本証券業協会に店頭登録
1992年(平成 4年 8月) 栃木工場を全面増改築(調理加工品の生産拠点として充実化)
1994年(平成 6年11月) 栃木市泉川町に「泉川物流センター」を新設
1999年(平成11年10月) 「タキザワ・デリカ工場」を新設
2002年(平成14年 9月) 手造り工場を生ハム専門工場「チェリースモーク工場」に変更
2004年(平成16年 5月) 宮城県角田市に「仙南みらい工房ビッセン」を新設
 
2007年(平成19年 3月) 栃木県上都賀郡西方町(平成23年10月栃木市西方町)に「西方工場 魁」を新設
 
   
  滝沢ハム株式会社 Copyright (c) 2005. TAKIZAWA HAM CO.,LTD. All Right Reserved.
・プライバシーポリシー  ・ご利用案内  ・サイトマップ